研究設備・実験風景

最先端の機能と設備が学習を深め、
最新の研究を生み出します。

レーザー二重共鳴装置

レーザー二重共鳴装置

原子や分子に2つの波長の異なるレーザーを照射し、 光応答性から電子励起状態の化学的性質を解析します。

3次元モデル生成システム

3次元モデル生成システム

デジタルカメラやレーザー計測器を使って得た実物体のデータを解析して3次元形状と表面反射特性を推定し、CG技術を使って実物体を高精細に再現するシステムの研究開発を行っています。

アイカメラ

アイカメラ

複数のディスプレイをモニタしている時の眼の動きをアイカメラで測定しています。測定した眼の動き(視行動)を用いてプロトコル分析を行うことにより、安全でストレスなく、確実にシステムとインタラクションできるマルチディスプレイのインタフェース・デザインに必要なデータを得ることができます。

電波測定装置

電波測定装置

スマートフォン、無線LAN、電波時計、デジタルテレビなど、電波はとても身近なメディアとなってきました。目には見えない電波を私たちはアンテナや受信機を用いて計測しています。日々の気象変動や太陽活動によって、電波の届き方が面白いように変化し見えてきます。また、室内への人の侵入も電波で容易に検出できます。

情報工学実験風景

情報工学実験風景

LEDや各種センサが搭載された小型CPU内蔵のロボットカーとAndroidタブレットを用いた実験です。地面に書かれた線の上をたどりながら、ロボットカーの情報を無線LAN経由でタブレットに送信するプログラムなどを作成することで、コンピュータの構造やネットワークに関する知識を実践的に身につけていきます。

モーションキャプチャ

モーションキャプチャ

人の動きを、多数のステレオカメラで撮影し追跡することで、骨格の動きをデータ化することができるシステムです。CG技術や、人の動作の解析に関する研究を行っています。

筋電位測定実験風景

筋電位測定実験風景

書字運動の「個人差」を定量化するため、前腕筋肉の活動電位と手・手首の関節角度を計測し、それらと筆跡の関係を時系列解析やソフトコンピューティングなどの手法を用いて解析しています。生体認証、筆跡解析への応用の他、書字運動が病気や障害によって失われた場合の精神的、運動学的リハビリテーション用の書字支援システムの開発を目的としています。

脳波測定実験風景

脳波測定実験風景

脳波計はヒトの脳における電気活動を頭皮上に配置した電極で記録する測定機器で、視覚や聴覚などの感覚や運動制御における脳の情報処理メカニズムの解明に用いられます。また、コンピュータ上で脳活動をリアルタイムに解析することができるため、脳活動を使ってドライビングシミュレータなどの外部装置を動かすことが可能です。